目隠しフェンスには様々なメリットがあります

このサイトでは道路などから家の様子が見えてしまったりすると落ち着けないという人などにおすすめの目隠しフェンスについてご紹介します。
このフェンスを設置するとプライバシーも安心といったメリットがあるのです。
そこで、フェンス選びの参考にしたい注目の施工例や簡単にできるフェンスDIY、おしゃれな樹脂フェンスなどのほかに、期待できる防犯効果と注意点についてご紹介してみたいと思います。
いろいろと参考にしてみましょう!

目隠しフェンス選びの参考にしたい!おすすめの施工例とは?

目隠しフェンス選びの参考にしたい!おすすめの施工例とは? 目隠しフェンスはどんな人に注目されているのでしょうか?このタイプのフェンスは外からの視線を気にせずに自由に過ごしたいという人やプライバシーが守られたプライベートな空間づくりをしたいといった人などから注目されているのです。
また、玄関スペースや駐輪スペースなどちょっと雑然となりがちなエントランススペースをすっきりとさせることができますので、スペースをきれいに見せたいという人にもおすすめなのです。
目隠しがあると外部と内部を物理的に分けるということになりますので、外からの侵入なども防げるといった防犯対策や安全対策にもなり、こうした目隠しフェンスを施工することに関心をもっている人からも注目されているのです。

効果的な目隠しフェンスの施工方法とは?具体例を紹介!

効果的な目隠しフェンスの施工方法とは?具体例を紹介! 目隠しフェンスとは隣家や家に面した通りから家の様子が見えないように目隠しの役割をするフェンスのことを言います。
プライベートの確保という理由で設置する人が多数で、新築当初はなかったけどなんだか外から見られているようで落ち着かない、と後から設置する家も多くあります。
通常のフェンスは隣家や道路との境界を明確にするために設置されており、デザイン性の高いものが多く設置費用や手間もそんなにかからないのが一般的です。
しかし目隠しフェンスとなると、施工時にある程度の高さを確保する必要があったり、すぐに壊れてしまっては目隠しの役割を果たせませんので、しっかりと耐久性のある材質のものを選ぶことが大切です。
具体的な施行例としては、コンクリートを使用して基礎作りをし、その上に目隠し用のフェンスを取り付け2~3メートルほどの高さを目安に設置します。
後付けで設置する場合は、必ず事前に隣家へ許可を取るようにしましょう。
フェンスの高さによっては日当たり状況が変わってきますし、材質によっては圧迫感を与えてしまう可能性があります。
後々トラブルになるのを避けるためにも、事前にどのくらいの高さで、このようなフェンスを取り付ける予定です、と説明し許可をもらってから工事を進めましょう。

外構工事をお考えなら

良質なお庭と外構づくりをプランニング、 施工する専門店ブランド