目隠しフェンスで期待できる防犯効果

目隠しフェンスで期待できる防犯効果

目隠しフェンスで期待できる防犯効果 家の防犯は大切です。旅行中に空き巣に入られたらすぐに戻ってくることも出来ませんし、帰宅してから気付くことにもなります。玄関のドアや窓に施錠をしていても、いとも簡単に開錠してされてしまうこともあります。空き巣で狙われるのは、容易に入りやすいと感じる家でしょう。そして中が見えるとどこに何があるのかも分かってしまいます。

では、容易に入られず、外から家の中をのぞけないようにするには、どうすればいいのかというと、それはやはり目隠しフェンスです。目隠しフェンスの隙間からのぞき込んだりしていると不審者にみられるので、犯罪者もなかなかしにくいはずです。

目隠しフェンスには色々あり、例えば、僅かに隙間があるものや、隙間の全くないものなどがあります。高さは外から見た時に、人の目線以上のものにすることが多いです。材質は木の板や竹を使ったものやアルミなどの金属製のもの、それにフレームはアルミを使い、うっすらと中が見える採光パネルを使ったものもあります。このようなもので家の中を詳しく見させないことが犯罪抑止にもなります。

目隠しフェンスがある家は犯罪に巻き込まれやすい?

目隠しフェンスがある家は犯罪に巻き込まれやすい? 家に面した道路や近隣の家、建物から様子が見えないように外壁のように目隠しフェンスを設置している家があります。しっかりとプライベートを確保して、落ち着いて生活が出来るという理由で後付けで設置をする人も多くいます。圧迫感を感じそうだと敬遠する場合もありますが、今は擦りガラス素材であったり、デザイン性の高いフェンスも多く出回っており、希望に合わせて材質やデザインが選べますし、DIYで自作することもできます。

そんな目隠しフェンスですが、防犯という面では多少危険かもしれません。なぜなら目隠しフェンスのある家は一見入りづらそうに思えますが、内側に侵入することさえできれば、中で何をしていても外から見られることがないため、空き巣に狙われやすいという面があるのです。目隠しフェンスの設置を検討する場合は、同時に防犯カメラの設置や、ホームセキュリティの導入などを検討して、犯罪者に狙われにくいような工夫をした方がいいでしょう。